高倉 太郎

Taro Takakura

  • HOME
  • 高倉 太郎

経歴

1994年 3月 大阪府立岸和田高等学校卒業
1998年 3月 早稲田大学法学部卒業
1998年 4月 ライオン株式会社入社 家庭品営業本部福岡支社,本社法務部にて勤務
2005年 8月 同社退社
2006年 4月 千葉大学大学院専門法務研究科入学
2009年 3月 同大学院修了
2009年 9月 新司法試験合格
2011年12月 弁護士登録(64期、第一東京弁護士会)中央国際法律事務所入所
2017年 4月 シグマ麹町法律事務所入所

「勤務先の会社に留まらず、広く社会で通用する力を身に付け、多くの人々のお役に立ちたい」との思いから、30歳で会社を退職し、法科大学院を経て2011年12月に弁護士登録をしました。

弁護士登録後は、主として企業のコーポレート法務・訴訟対応を中心に業務を行って参りましたが、より幅広い分野で皆様のお役に立ちたいとの思いから、シグマ麹町法律事務所にパートナーとして参画することとなりました。

近時は、ベンチャー企業や創業間もない会社のお手伝いをすることも増えてきました。紛争が起きてからの対応はもちろんですが、紛争が起きる前の予防法務・戦略法務にも力を入れていきたいと考えております。顧問先の企業様にはできる限り足を運び、法務担当者の方はもとより、現場の営業担当者・経営者の方々とも緊密に連絡を取ることを心掛けております。

また、大学の非常勤講師として民事手続法・倒産法を講義するなど、後進の育成にも力を入れております。

主な取扱い業務

1. 企業法務(顧問業務)全般

契約書(英文含む)作成・レビュー・交渉、取引上の予防法務及びトラブル対応、債権回収、コーポレートガバナンス・コンプライアンス対策、M&A対応(法務デューデリジェンス含む)、労務問題対応、組織・ 機関設計関連法務、株主総会指導、社外監査役業務、役員・従業員への各種講習など

2. 各種訴訟、非訟、審判(労働審判含む)、ADR事件対応など
3. 倒産事件

破産・民事再生・会社更生(DIP型を含む)の申立人代理人、債権者側代理人、任意整理など

4. 競争法に関する事件

独占禁止法、下請法、景品表示法、不正競争防止法等に関する各種事件対応など

5. 労働事件(使用者側、労働者側)

解雇問題・残業代問題等に対する対応、就業規則等の社内規程整備など

6. 知的財産権関連事件

特許権侵害対応、商標権侵害対応、著作権に関する紛争対応、不正競争防止法関連事件、ライセンス契約等のレビュー・交渉など

7. 不動産関連事件

不動産明渡請求、共有物分割、境界確定、賃貸借契約の更新に関する紛争対応、賃料増減額請求など

8. 相続事件及び家事事件

遺産分割調停、遺留分減殺請求、離婚調停、不貞慰謝料請求訴訟など

所属団体等

第一東京弁護士会 弁護士業務の適正化に関する委員会

第一東京弁護士会 若手会員委員会

第一東京弁護士会 総合法律研究所・倒産法部会

日本民事訴訟法学会会員

全国倒産処理弁護士ネットワーク会員

千葉大学大学院専門法務研究科フェロー(2015年度~2017年度)

千葉大学法政経学部非常勤講師(民事手続法、倒産法。2018年度~)

執筆等

「現行民事訴訟法改正前後における陳述書の役割の変遷」(千葉大学法学論集第23巻3号)(単著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務)(共著)

 弁護士一覧 >

Contact

ご依頼やご質問、不明点などございましたら
下記よりお気軽にお問合わせください。

View more >